不倫サイトを知っていますか?

rinrin1
昨今ネットが便利になってきていますが、不倫サイト、というものがあるのはご存知でしょうか? 不倫サイトには、不倫に対して肯定的な意見を持つ人しか集まりません。
なので、「荒らし」というものやバッシングにあうことはありません。

集まる方々は、過去に不倫の経験があったり、現在進行形で不倫をしていたり、これから不倫をしてみたいという願望を持っている人たちで、それぞれが自由に発言出来ます。
女性の方が多いのですが、実は今、ある方と不倫をしています。
いけないとは思いながらも抑えられない気持ちに、賛同や共感の声をいただいています。
いけないとは分かりながらも行動してしまう人にとって、こういった後押しは心の支えになります。
誰にも吐露できない秘密を共有したり、共感しあったりして、不倫サイトは成り立っています。不倫なんて考えられない、なんて思う人もいるかも知れませんが、本人たちはとても本気なのです。
不倫と無縁の方にとっては、まったく異次元の世界と言ってもいいでしょう。
外からの意見や体裁を気にしての言葉は出ますが、どうしようもない思いやそれを乗せた言葉は、行き場を失います。

そんな行き場を失った言葉が、不倫サイトでは溢れ返っています。
不倫する人にとって、ある種のセラピーなのかもしれません。

不倫経験者の話

不倫の経験がある人達に実施したアンケートの他の結果をお伝えしましょう。
まずは不倫相手との連絡手段として何を利用しているのか?です。
ダントツで一番多かったのは、やはり携帯のメールです。
時間を気にせずにやり取り出来て、履歴を残しておける点で利用しやすいのでしょうね。
しかし家族に見つかってしまう可能性もあります。
ただ忘れずにロックをかけておけば、家族に勝手に見られることもなく、声をひそめるなんてこともなくやり取り出来るので好まれるのでしょう。
次に多かったのは携帯電話です。

家にある固定電話だと家族が出てしまう可能性がありますが、携帯だと場所を自由に移動出来るし、声が聞きたくなったらいつでも連絡を取ることが出来るという理由があげられます。
それ以外ではPCメールやメッセンジャーなんかを利用するようですね。
しかしこの場合、パソコンが必要になります。
パソコンなんて家族1人1人が持っているようなものでもないと思いますし、だいたいが家族と共有なんじゃないでしょうか?ロックもかけられないし、見つかってしまう可能性高いんじゃないかと思いませんか?しかし、よくあるフリーメールを利用すればバレる心配はありません。

フリーメールならネット上にメールの送受信ボックスがあるので、パソコンの送受信ボックスに履歴が残ることはありません。
そしてパスワードがないと見ることも出来ないので、家族に見られる心配もないのですよ。

不倫の出会いは難しい

rinrin3
一般に不倫の出会いって難しいですよね。
近所ですればバレる可能性が高いし、相手の事をいいなとこちら側に好意があったとしても既婚者の場合、相手が恋愛の対象として見てくれなかったり、人によっては不倫に抵抗ある人もいてますね。
その点、出会い系サイトでは、匿名性があるので、人目をはばかりたい人にはうってつけです。

実名を出すのは、かなり2人の仲が親密になってから・・・・という形が多いので、周囲にはバレたくないけれど、それでいて、たくさんの相手の中から自分の条件に合う人を選べるので、出会い系サイトを利用する男女が増えているようです。
そして、出会い系サイトの場合、相手側も不倫相手を募集しているか、独身であっても不倫でも抵抗がない人が集まっているので不倫だからという理由でふられる心配はありません。
そう考えると、出会い系サイトと不倫の相性はいいと言えますね。
ただし、日常がつまらないから非日常を求めて不倫するという気持ちは分かります。
出会い系サイトでは周囲にバレる心配なく相手を見つける事が出来ます。
しかし、その後、直アドを交換したり、実際に会ったりすると、当然バレる危険は伴います。

日常がつまらないから日常が壊れてもいいと考えてる人は少ないですよね。
リスクを考えて行動して下さい。

ネットで不倫

不倫相手と出会うのは、普通の出会いではなかなか出会えません。
なので、インターネットなどの不倫サイトは実に簡単に手軽に出会える、と思ってる人が多いと聞きます。
確実ツールの一つとなりつつあるのは事実ですね。
何故その様に思う人が多いのかを分析解析してみたいと思っています。
まず本名で名乗らなくて良い、というのが最大メリットですね。
自分の年齢や住所も真面目に本当の情報を登録する必要はないわけです。
不倫はそもそも白昼堂々と出来る事ではないので、やっぱり世間の目を気にする恋愛となる訳です。

不倫だけを目的にしてる人は、とにかく家族や他人に分からない様にというのが多いです。
女性はやはり気にする人が多いのでそうじゃないかと思います。
そういう女性にとっては、シークレット部分が多い出会い系サイトは非常に便利で良いツールであるのです。
日陰で隠れて、でも快楽や出会いを楽しめるという感じですからね。
最初出会った時はハンドルネームなどの偽名で押し通し、かなり親しくなってから相手に自分の素姓や本名を打ち明ける。

これがルールっぽい感じの節はありますね。
なので、匿名性が高いから、家族や世間に知られるのが怖い女性にとっては、こういう出会い系サイトを利用するのだろうと思われます。
サイトによっては女性無料なのでたくさん女性会員が集まります。
そうするとそれを聞きつけた男性会員も登録増えるーという感じです。
出会い系サイトは純粋な男女の恋愛関係、というよりは不倫などのアバンチュールを楽しむ部分が多々あるので、そういう目的での登録利用者が多いとも言われてます。
なので、男女共に不倫やセフレ、という目的がない場合はうまくいかないケースが大半かと思います。

というか、出会う前にお互いのニーズが合致しないので終了してしまうと思われます。
不倫専用サイトはやはり既婚者の登録利用が多いし、不倫目的の人がたくさん登録はしています。
でもただ割り切った関係でなく、本当にこういう不倫サイトで好きな人が出来てしまっても、それは決して悪い事ではないと思います。
世の中には色々な恋愛スタイルがあるし、また出会い方のスタイルがあります。
出会いを求めてる人は非常に多いから、既婚者独身者問わず。
出会い系サイトと不倫サイトがたくさん登場するのは致し方ないかと思われます。

不倫にハマる原因

rinrin2
不倫にハマってしまう一つの要因――それはもちろん、相手の異性に対して深く入れ込んでしまって取り返しがつかなくなるといったことももちろんあるのですが、もっと信じられないくらいでんじゃらすな理由で浮気の虜になってしまう人がいるのです。
要するに、浮気することそれ自体が、より正確に言えば浮気のリスクと緊張感を背負い込んで背徳感に満ちたスリルを味わうこと自体が楽しくて仕方がない――こういう人も残念ながらいるわけなのです。

ですが、このような「浮気に溺れてしまう」タイプの人に釘を刺しておきたいのですが、はっきりいって、浮気の代償は軽く考えていいものではありません。
浮気が発覚した際の相手の反応というものは実に様々でしょうが、許してくれる人ばかりではありません。
というか、実際には許してくれない人が大半でしょう。
最悪の場合は裁判で慰謝料を払ったうえでの離婚ということになるでしょうか。
そうなると当然、経済的に大きなハンディキャップをしょい込むことになるでしょう。
自分が次からちょっと気をつければいいなどといった簡単な反省だけではすまされないのが浮気の怖いところです。

何しろ、人間同士の心の問題ですからね。
こじれると話がややこしくなるというのは目に見えています。
自明のことです。浮気は重い罪です。
これは、まさにこれから浮気をしようかななどと考えている人にこそ聞いてほしい言葉です。

お付き合いを続けるには

不倫のお付き合いを続けるには、それなりのテクニックが必要になります。
特に、独身と既婚者の組み合わせの場合、独身者の方は冷たい位の接し方の方がいいでしょう。
この場合の交際では、どうしても独身者の方は我慢を強いられることが多くなります。
結婚している方は家庭がありますから、メールすら自由に返せないことがあります。
デートの約束に至っては、何週間も待たせてしまうこともあり得ます。
ですから、相手に対して「寂しい思いをさせてしまって…」といつも心苦しい思いをしているのですね。

このように、結婚しながら不倫をしている人は、人間的に優しい人が多いようです。
不倫しているという罪の意識を持っていますから、人に対して優しくできるのですね。
人に対して優しいから、不倫相手も離れられなくなってしまうのですが…。
ですから、独身者の方が、会えない事をあまり気にしていないような冷めた態度の方が、付き合いやすいのです。

不倫のカップルでは、会う時間も十分にとることができないでしょうが、一緒にいる時間はお互いに心から甘えていいと思います。
たとえ一緒に過ごす時間が短くても、濃厚な時間を作ることができれば、お互いに気持ちは伝わるでしょう。

片方が不倫の場合、デートのスケジュールは既婚者を優先するようにすれば、きっと罪悪感から、できるだけ早く会える段取りをしようとしてくれるはずです。
不倫では、相手に合わせて自分を作る、役者気分で不自由な時間を楽しんでみましょう。

不倫を真剣に考えるサイト

不倫の経験者が集まる場所それが不倫サイトです。
勘違いしないでほしいのは出会い系みたいに肉体関係を結ぶ男女が相手を見つける場所ではないのです。
不倫のことを真剣に考える気がない人は閲覧できないというのが普通の不倫サイトです。
不倫の経験者が身の振り方、どうしたらいいかなど相談したり、議論をしたり、誰かに話を聞いてもらうそういうところなのです。そのへんの掲示板のように釣りをしたりそういうふざけたことをしていい場所ではありません。

そして悪ふざけをするために、中を覗こうとしたりしないでください。
不倫のことをなんとかして叩こうとそういう目的で、登録して中を覗こうとする人たちがいます。
こういうことをしたいなら管理人にでも言えばいと思います。
少なくとも荒らしなどそういう子供のようなマネをするのは止めてください。
そして、未成年の登録できないようになっています。
不倫サイトはみんなが使うといったものではないので、そのへんはご理解をしてください。
ただ見るだけならだれでもできますし、不倫していてもなかなか意見は言いにくいという人は、いちいち登録しなくても結構です。

こういったサイトなどはいろいろな事ができますが、みんながエチケットを守らなければまともに運営できないようになっています。小学生がやるような荒らしのようなことをすれば後で自分が惨めな気持ちになるだけですから、止めたほうがいいでしょう。
こういった場所で議論している人たちは悩んでいるのですからそのことは理解してください。

人妻には息抜きが必要

rinrin4
このことはあえて男性の皆様に対して強くいいたいのですが、女性が結婚して家庭に入ると自由な時間が増えてそれまでより気楽になるとか考えている方、まさかいませんよね?もしそんなことを考えている男性がいたとすれば、それはとんでもない誤解だという事を覚えておいてください。

実際のところ、結婚して家庭を守ることになる女性は家事と育児の雨あられに打ちのめされ、とてものんきに遊べるような時間はなくなるのです。
嘘だと思うなら、育児を今すぐにやれとは言いませんから(そもそも相手がいませんよね)、せめて家事だけでも体験してみてください。
たった一日分体験するだけでも、大変な重労働であることが分かります。
自分で実際にやってみて初めて、お袋への感謝の気持ちがあふれ出てくる――そんな人も決して少なくないでしょう。

だから、公園などのネットワークから作られるお母さん同士の強固な友情というのは、本当に必要なものなのかもしれません。
あの独特な空気を醸した友情のなかに問題なく入れるのであれば、間違いなくそれがベストです。

しかし、世の中すべての人が社交的とは限りません。
なかには上手にストレスを解消できない人だっているのです。
そういう人がストレスを解消すべく他人のぬくもりを探しもとめる方法――それこそが禁断の不倫ということになってしまうのでしょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ